BRICK&WOOD CLUB

ホール説明

HOLE#03

CanyonPAR 3

左がラテラルウォーターハザード、右がバンカーとOB、まさにピンポイントで攻める難関ホール。
ティーインググラウンドからグリーンへは、かなりの打ち下ろしとなっている。しかも谷越えとなっておりクラブ選び、球筋風の計算など緻密な攻略法が必要となる。さらにこのホールの最大の特徴は、奥に向かって高くなっている三段グリーンにある。ピンハイにつけると返しのパッティングは至難の業である。

  • HOLE#03
  • HOLE#03
  • HOLE#03
  • 222y
  • 196y
  • 161y
  • 161y
  • 131y

HOLE#03 全体像

PAGE TOP